民泊wifiを個人で契約する際に知っておきたいことは?注意点はある?

民泊wifiを個人で契約する際に知っておきたいことや注意点は?

民泊wifi個人契約

 

 

民泊ホストがお客様に貸し出し用のwifiを
ホスト向けにレンタルしてリるのが民泊wifiなのですが

 

民泊以外の用途でも個人・法人を問わずにレンタルすることができます。

 

個人で民泊wifiを契約する際に知っておきたいことはあるのでしょうか?
民泊wifiを個人で使うメリットやデメリットなどまとめてみました。

 

契約期間の縛りなし

 

民泊wifiの最大のメリットはここだといえるでしょう。
契約期間の縛りがなく、いつでも解約することができるんです。

 

つまり、本当にwifiが必要な時だけ使うことができるわけです。

 

WiMAX 2+を正式に契約したケースを例にすると
基本的に24ヶ月、2年縛りの契約が必須となっています。

 

最低利用期間内、契約更新月以外での解約は

  • 1年目・・19,000円
  • 2年目・・14,000円

上記契約解除料がかかってくることが一般的なんですね。

 

比較すると、民泊wifiを運営しているファミリアリンク(famifi)では
解約時に解約事務手数料の5,000円は必要となってきますが

 

1ヶ月後でも、1年後でも不要になったタイミングで解約ができます。

 

スペースwifiでは解約に際して手数料がかかりません。
月額3,480円のレンタル料のみでOKです。

 

ですので、短期間だけwifiを使いたい場合手軽に利用できるわけですね。

 

月間での通信制限なし

 

民泊wifiは月間での通信制限がありませんので
インターネットやメール、SNSを快適に利用することができます。

 

ただし注意点として、WiMAX 2+の端末Speed Wi-Fi NEXT WX03
およびSpeed Wi-Fi NEXT W04では

 

直近3日で10GBの通信量を超えると、翌日の18時ごろから
翌々日の2時ごろまで速度が概ね1Mbpsに制限されます。

 

3日で10GBの通信量を超過すると速度に制限がかかるんですね。

 

ただしこれは民泊wifiのみにかかる通信制限ではなくて
WiMAX 2+全般にかかる通信制限で、正式に2年契約していても

 

ギガ放題の契約を交わしていてもかかる通信制限なんです。

 

つまり民泊wifiでの制限ではなく
WiMAX 2+の通信制限として設定されているわけですね。

 

民泊wifi個人レンタル注意点

もう1点、前述したファミリアリンクでの注意点として

 

レンタルできる端末が何種類かありますが
希望の機種を指定することはできません。

 

また、端末の在庫状況は変動する場合があります。

 

ランダムに端末が送られてきますので、特にWiMAX 2+のWX03の場合は
契約前にあなたがwifiを使いたい場所でサービスが提供されているかどうか?

 

しっかり確認して申し込むことが大切ですよ。

 

WiMAX 2+のサービスエリアも、全国的にかなり広く拡充されてきて
まず都心部なら心配はないと思いますが、特に地方で利用したい場合は

 

今一度サービスエリアの確認をして申し込んでくださいね。

 

契約期間の縛りも、月間での通信制限もありませんので
手軽に利用できるのが民泊wifiを個人で使う際のメリットですが

 

少し気をつけておきたいポイントもあるので把握しておいてください。

 

 

 

page top